借金の多い人の共通点

友人の中で自己破産をした人が三人いる。それも、皆二十代の時にだ。この若さでなぜ、と思うが最近、それぞれの共通点を見つけてしまった。

それは、人付き合いが良く、憎めないことである。借金をくりかえして、あげくのはて自己破産しているとなると、一般社会では「困った人」「常識がない人」もしくは「いい加減で信用できない」というようなマイナスの評価を下されるケースが多い。たしかに誉められることではないが、彼女達はいわゆる「チャランポランな人間」ではない。

むしろ、面倒見がよくて、誘われると無理をしてでも、おつきあいをしてしまうタイプなのだ。そして、時間も、お金も、自分のためより、他人のためにつかうのを惜しまないという傾向がある。ものすごく悪い言い方をすると八方美人である。
プロミスの審査 口コミ
これまでは、借金をしないように、つとめるのが賢いとは思っていた。しかし、借金をしてもどこか愛嬌があって許される人になったほうが、実はおいしいのかもしれない。そんなふうに考えるようになったのは、時代がかわったせいなのか。

私自身が大人になったからなのか、答えはみつけていないけれど。